中高一貫校の魅力は高校受験をしなくてもエスカレーター式に進学できるため、中学校と高校の6年間を計画的で効率のいいカリキュラムで勉強できることです。
中学校で一度学んだ内容を高校に入ってからもう一度復習する必要もないため、他の学校よりも短期間で全ての課程を学ぶことが可能です。
大学受験のための勉強に時間を多く使えるというメリットがあり、難関大学への合格者も多くなっています。
そのため中学受験をする生徒は増えていて人気のある学校では倍率も上がり、 合格のためには親も一緒になって子供の生活を支えて勉強しやすい環境を作る心構えが必要です。
子供の塾への送り迎えや家庭教師の費用など親の負担も多く、まだ精神年齢も幼く自分で体調管理ができない子供のために家族が子供の中学受験を 生活の中心にする必要があります。
中学受験で子供の勉強への意欲を引き出すためには、親が強制するのではなく子供自ら学びたいと思う気持ちを持つことが重要です。
解けなかった問題が解けて正解した時の喜びをより感じられるように褒めたり、段階を踏んで目標を立てて達成出来たら親も一緒に喜んだり、 子供の勉強へのモチベーションを高めることを意識して接するように心がけます。
中学受験のために塾選びをするときに、子供が通いやすい学習塾を選択することも大切です。
通いやすさはモチベーションにも繋がります。
おすすめサイト:(⇒中学受験の塾選び
はじめて中学受験をする子供を持つ親のために進学塾を選ぶときのポイントがまとめられています。